カラーセラピーにおけるポイントとは

カラーセラピーとは色彩療法というものではありますが、別に医療的なことではないことも多いです。要するに色の持つ性質や効果を利用して、ということになります。それで心身の状態を高めたり、或いは鎮めたり、ということもあったりします。精神的効果や身体的効果がある、ということを自覚して、それを自分でやったり、人のために設計したり、ということになります。こうしたスキルがあれば何かと役に立つことがあります。
例えば、なんといってもビジネスシーンで役に立つということもありますから、こうした能力があれば役に立つことになります。カラーセラピーということはセラピストがいるわけですが、あくまで資格というのはないのです。もちろん、民間資格はありますが国家資格ではありませんから、持っていることによってこうした商売に使えるようになる、といった資格となるわけではありませんから、この点がややネックになりますから覚えておきましょう。